リフォームが必要か迷った時に参考にして欲しい事

業者に相談すれば具体的かつ現実的!

やっぱり大手は安心!

大手のハウスメーカーは、新築の住宅を建築するだけでなく住宅のメンテナンスやリフォームも承っています。

それぞれメーカーのホームページを見ると、どのような手順で住宅を点検するのか写真付きで丁寧に点検の手順や内容を説明しています。
事前にどのような方法で点検するのか知っておけば、騙される心配もなく安心して住宅の診断を任せられますね。

会社ではマニュアルが整備され、担当者によって対応にばらつきが無いように気を配っています。

コストは高めかもしれませんが、トータル的に見て安心感と価格に見合うサービスを受けられます。

新築で大手ハウスメーカーの住宅を購入した場合は、その後のメンテナンス履歴を記録に残したり、節目節目で自動的にメンテナンスや点検の案内を送ってくれるので、めんどくさがりやな方にはオススメです。

リフォームか建て替えか判断がつかない場合

リフォームか建て替えか迷った場合は、それぞれのメリットとデメリットを考えましょう。
そして、プロに相談しましょう。

建て替えの場合、プランの自由度が高く、また最新の機器を入れることができますが、建て替えの期間中は仮住まいが必要になりますし、総じて費用が高額になってしまいます。

リフォームの場合は最低限の修理で済むので費用が安く抑えられますし、リフォーム箇所によっては住みながら修理も可能になるので、仮住まいの費用も不要です。しかし、デザインやプランは限定されてしまいます。

そもそも、住宅がいつ建てられたかによって、耐震基準が違ったりするので、リフォームを検討する以前に耐震強度が足りない為に建て替えが必要が出てくる場合もあります。


TOPへ戻る